治療院さんとエステサロンについての打ち合わせ

2020年1月某日、クライアントの治療院さんと打ち合わせをしてきました。

この治療院さんは、ホームページは当社ではない別の業者さんで作成したのですが、いくつかコンテンツ改善を提案し、PPC広告などを運用し、集客が軌道にのった院さんです。

月に30人前後WEB集客できており、正確なパーセンテージはうかがってはいませんが、リピート率がかなり良いとのことです。

そんな治療院さんがエステサロンをやることが決まり、その集客についてお話をしてきました。

どんなことを話してきたのか?

こうした集客の打ち合わせの時、当社の目的は「クライアントの望んでいるものを明確にすること」と「現実的なラインの集客結果を知ってもらうこと」の2つです。

前者を知ることは、当社でどんな集客を組み合わせて行うべきかという具体的な施策内容を考えることにつながります。

後者をクライアントに知ってもらうことで、クライアントに集客の当事者意識を持ってもらえます。

集客は当社だけでは出来ません。クライアントとの二人三脚で進んでいくことが必須。

集客も現実的なラインを共有すると、「プラスでこれだけ費用をかけられると、こんなことが出来る」「この費用はこっちに費やした方が良い」などなど、集客途中でトライ&エラーをしながら、少しずつ「正しい集客の方向」に進んでいくことが出来ます。

だから当社では、クライアントに色々質問します。

・どんな施術をするんですか?
・化粧品は売るんですか?
・メニューの料金はどれくらいにしますか?
・施術担当者の人数はどれくらいですか?
・ライバルとしているサロンとの価格差はどれくらいですか?
・この施術の実績で載せられるものはありますか?
・使ってよい文言、使ってはいけない文言に規定はありますか?
・どれくらい費用を集客にかけられますか?
・1か月でどれくらいの新規数を受け入れられそうですか? etc

こんな質問です。これはあくまで質問の一部で、もっと細かいことを質問しています。

また同時にエステサロン系の施術をしているお店の集客実績などをお話します。

どんなことが決まったのか?


まあそんなことを聞いたり質問したりして、今回はこのエステサロンのホームページ作成とアクセス集めを当社がお手伝いすることになりました。

エステサロンは治療院の集客とは違って、ガンガンと新規の反応があるわけではないです。

しかもクーポンホッパーも多い業種なので、このホームページから来るお客様の質を上げるかも課題になります。

今はこの治療院さんが始めるエステサロンで行う施術のことを色々と調べています。

施術内容や期待できる効果・メリットがわからないと、どんなコンテンツを作成するのか決められませんから。

またいかにアクセス集めをするかも非常に重要です。PPC広告も使っていきますが、それだけでない「質の良い(集客に繋がる)アクセス集め」として何を利用するのか、かけられる費用と相談中です。

一言に「集客」と言っても、色々なことを考えて行なっているんです。

当社で行っている仕事の「見える化」というのをしていきたいなと思っています。

特に最近はブログ更新を放置していたので、「この会社は実際何をしているのか」と思っていた方もいるかもしれません。

紹介出来る範囲で、クライアントとの打ち合わせの様子や社内での作業の様子などを発信していこうと思います。

問い合わせ