【SEO対策】4月21日、本当に検索順位に変動は起こるのか?

こんにちは!店舗集客マン、石塚直紀です。
 
WEBマーケティングの情報に常にアンテナを張っていらっしゃるお店の方は、すでにご存じだと思いますが、グーグルが4月21日に、ある検索のアルゴリズム(検索に影響する要素)を追加すると言っています。
 
それがこれ。
 
■スマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズム
→関連記事 https://www.suzukikenichi.com/blog/mobile-friendly-as-a-ranking-factor/
 
 
スマホ対応がされているホームページを優遇する方向になるそうです。
 
これの発表があってから、ネット系の会社やコンサルタントなどのメルマガを見ると、こんな内容のものが増えています。
 

・スマホ対応していないホームページは検索順位が急激に下がります
・その結果、売り上げが大きく減少するでしょう
・今すぐ、そのホームページをスマホ対応に変えましょう!

 
というような感じです。
 
つまり、「うちの会社でスマホ対応を発注せい」と言うような内容ですね。
 
まあ普通に考えると、こういった変化の時は、業者にとってサービスを販売するチャンスなので、こういった販売促進をする気持ちはわかります。
 
しかし、どれくらい検索結果に影響があるのでしょうか?
 
一応グーグルからは、「重要な影響を与える」という発表がありましたが、実際にどういった検索順位になるのかは、まだ未知数です。
 
果たしてこういった未知数の状態で、すぐにスマホ対応をするべきなのでしょうか?
 

スマホ対応していなくても、最初は様子見で

WAOとしては、まだスマホ対応していないホームページであっても、最初は様子見で良いと思います。
 
どれくらいの影響があるか確認して、対応すべきか考えても十分対応が可能だと思うからです。
 
こういう新情報が出てきたとき
 

早く対応しないと。ヤバい!はやくしないと!

 

なんて焦ってしまうと、良くないサービスに手を出してしまいがちです。
 
今こそ落ち着いて、どう行動するかを考えておくべきです。
 

コンテンツ重視?スマホ重視?

そもそもグーグルは、「良いコンテンツを重視」という基本方針があります。
 
今回の検索アルゴリズムが導入されたときに
 

①スマホ対応しているが、内容が薄い
②スマホ対応していないが、内容が非常に濃い

 
といった2つのホームページがあるとき、どっちを優先するのでしょうか?
 
内容を重視するんだったら、②の方が検索上位になることも考えられますよね。
 
明確にどれくらい影響が強いアルゴリズムなのか、はっきりした方が、より良い対策を立てられます。
 
今はまだ、対応が早すぎる可能性もあるわけです。
 

地域の現状を確認しておこう

まずは、あなたの地域の現状を確認しておきましょう。
 
あなたのお店がある地域の同業種のライバル店は、どんなホームページを持っているのでしょうか?
 

・内容の濃いホームページを作っているのかいないのか
・スマホ対応しているか否か
・そもそも、ホームページを持っているか否か

 
地域ごとにホームページのレベルも違うわけです。
 
もしあなたの地域が、まだあまりホームページに力を入れていないのであれば、スマホ対応する必要はあまり無い可能性があるわけです。
 
冷静に状況を見極めましょう。

問い合わせ