リピート率を上げるには、起承転結で説明する

「リピート率を上げる」ってことは、新規広告のターゲットとは違いますよね。
 
 
そう、1度、もしくは2度ほどあなたのお店に来てくれた人を
もっとたくさん来てもらうようにすることが、リピート率を上げるということ。
つまり、あなたのお店の「ファン」になってもらうですね。
 
 
リピート率をあげること、ファンになってもらうプロセスは
二つあります。
 
 
①お客様の来店~帰宅までの間 
②お客様が帰宅した後

 
 
①はつまり、お店に来てサービスを受けて、お店のドアを出るまでということです。
 
 
お店のみなさんは、お客様の失礼のないようにということで
丁寧な態度だったり、たくさんしゃべったりすると思います。
 
 
そして「サービスの結果」を重視しているのではないでしょうか。
 
 
もちろんそれも必要なのですが
もっと重要なことがあります。それは
 
 
・納得感
 
 
です。具体的にいうと「問題の明確化」ですね。
 
 
例えば整体の話。
 
 
・腰が痛いお客様が来ました。
・腰の痛みを取ってあげました。
・喜んでお客様が帰りました
 
 
はい、結果だけ見ると良さそうなのですが、たぶんリピートしないでしょう。
もしするとしても数か月後。時間が空きすぎる。
 
 
結果は良くても、なんで不調だったのか、そしてどのように不調を解決したかを
お客様に納得してもらってないんですね。だから、お店のすごさを理解できていないのです。
 
 

例えば美容院の話。
 
 
・髪の傷みが気になるお客様が来ました
・痛みの少ないカラーをしてあげました
・喜んでお客様が帰りました
 
 
これも上記のの整体話と同様ですね。
「なんで髪が傷んでいるのか」「どうすればそれを解決していけるのか」納得させないといけないのでね。
 
 
これは、結構あらゆる業種で当てはまります。
花屋でも、塾でも、歯医者でも。
 
 
サービスを提供するだけでなく、「御客様も気づいていない問題」をあぶりだし
それをどうすれば解決できるのかを、きちんと納得してもらう必要があります

 
 
つまり、サービス前のお客様との会話、サービス後のお客様との会話
ここがものすごく重要なんですね。これが本当の接客なんですね。

問い合わせ