店舗のブログ更新でSEO効果を出すために注意すべき4つのこと

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK85_notepc20150319202127-thumb-1000xauto-18289
 
こんにちは、石塚直紀です、更新がご無沙汰してしまいましたね。
 
今はアメブロやライブドアブログなどのような外部ブログではなく、ホームページの中に自前のブログ機能を組み込むことが主流になりました。
 
これは理由が明確で、そっちの方がホームページのSEO対策になるからです。
 
外部ブログをいくら更新しようと、ホームページのSEOとはまったく関係ありません。
 
ホームページの中にブログを組み込んでいる場合、いったいどのようブログ記事を作成するのが良いのでしょうか?
 
SEO効果を出すときのブログ更新で、注意するべきところと注意しなくても良いことをお話します
 

記事のタイトルは28文字から32文字で収める事

ブログ記事のSEOで最も重要な部分が、ブログの記事のタイトルです。ここで6割決まると言っても過言ではありません。
 
ブログ記事のタイトルは長くても28文字から32文字で収めましょう。長すぎるとSEO効果が薄くなる・なくなる可能性があります。
 

1つの記事で狙うキーワードは2つまで

また1つの記事で、あれこれと上位表示したいキーワードを埋め込む方がいます。
 
特にブログ記事タイトルに色々とキーワードを入れている人もいますが、これはNG。
 
1記事につき、1~2キーワードに絞るのが基本です。理由はシンプル、グーグルが推奨しているからです。
 

× 栃木県宇都宮市で美容室・理容室・ヘアサロンをお探しの方へ

● 宇都宮市で美容室をお探しの方へ

 
悪い例のように埋め込み過ぎは逆効果ですよ。
 

1つのテーマで文字数は多く!

追加する1つの記事に、SEO効果をもたらしたい場合、文字数を多くする必要があります。
 
「宇都宮市で美容室をお探しの方へ」というタイトルの記事のSEO効果を高めるためには、文字数を増やすのが一番有効だということ。
 
ただむやみやたらに文字数を増やすのではなく、その記事で書きたいテーマにそって文字数を増やす必要があります。
 
例えば「宇都宮市で美容室をお探しの方へ」という記事なので、途中で3分の1くらい関係ない自分の趣味なんか書いても意味がありません、
 
逆に記事の内容が薄まり、SEO力が下がります。
 
ビッグキーワードで記事を検索上位ヒットさせたい場合、1万文字くらいを目指してみるといいでしょう。
 
1テーマで1万文字かければ、「美容室」「整体」などのビッグキーワードでも上位を狙える可能性があります。
※最低文字数は500ぐらいと考えておいてください
 

記事の中のキーワード出現率は気にしないこと

昔ながらのやり方だと、1つの記事の文章内でキーワードの頻出率を高めるという方法がありましたが、これは今は完全に無視しても良いです。
 
タイトルに注意して、文字数が多い記事を書けば、自然とその中にも狙ったキーワードが入ります。それで十分です。
 
キーワード頻出率を意識するがゆえに、記事の内容に不自然さが出るほうが怖いです。
 
不自然な文章かどうか、これもグーグルは見抜き始めています。
 
キーワードを埋め込むのではなく、自然な文章作成を心がけましょう。
 

テクニックに左右されないことが重要

今インターネット上には、様々なブログテクニックがありますが、そのほとんどは、店舗のホームページ・ブログには気にしなくて良いものです。
 
重要なのは今回で紹介した4つ
 

①記事のタイトルは28文字から32文字で収める事
②1つの記事で狙うキーワードは2つまで
③1つのテーマで文字数は多く!
④記事の中のキーワード出現率は気にしないこと

 
この4つだけ意識して、あとは「お客様が読んで役に立つこと」を書きましょう。それで店舗のブログ更新は十分なのです。
 
そして継続的に更新する。そうすれば気が付いたら、あなたのホームページが検索3番目から1番目に入っているでしょう。
 

問い合わせ