Googleがよりコンテンツ重視に移行します

seo

こんにちは、石塚直紀です。
 
昨日2017年2月3日、Googleが次のような発表を行いました。
 

日本語検索の品質向上にむけて
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html

 
いったいどんな発表なのか?少し内容を引用して解説してみます。
 

ウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えました。今回のアップデートにより、ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。
 
その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
 
今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。

 
つまりは、これまで以上にオリジナルで高品質なホームページを上位表示させていきますよ。そして低品質なホームページは下げますよ。こう宣言したわけですね。
 
とは言っても、じゃあ今回の宣言でいう「低品質」ってどんなことを意味するのでしょうか?
 
Googleが意図しているものは、この言葉から推測できます。
 
「日本語検索で表示される低品質なサイト」
 
なんで日本語限定なのでしょうか?
 

まとめサイトの検索順位を下げていきたい

これは先日、世間を騒がせた、キュレーションメディアの問題に関係します。
 
キュレーションメディアについての問題は、こちらをご覧ください。
 
炎上したキュレーションメディアにみる、SEO対策の効果的方法
 
まとめサイトやキュレーションメディアが検索の上位に来る状態をなんとかしたい、それが今回のGoogleの意図でしょう。なぜなら「日本語サイト」と限定しているからです。
 
普通にコンテンツ重視を高めたいなら、日本語に限定する必要はないですからね。
 
まとめサイトやキュレーションメディアのコンテンツは、薄っぺらいオリジナル性が少ないものばかり。そのうえ真実性もありません。だから順位が下がるようしていきたいんですね。
 
じゃあこれがお店のホームページにどう影響があるか?
 
一つ考えられるのは、ブログの記事をクラウドソーシングなどに外注しているお店の場合です。
 
クラウドワークス、ランサーズなどに代表されるクラウドソーシングにブログ記事を発注して、それを投稿しているお店の場合、内容が薄くオリジナル性も低いので、ブログ内蔵型ホームページの場合、検索結果に響いてくることが懸念されます。
 
なぜなら、まとめサイトやキュレーションメディアも、クラウドソーシングを利用して記事を作っていたから。
 
同じことをしていたお店も、同様な結果になりかねないのは、想像できますよね。
 
今回のGoogleの宣言を考慮すると、あまりクラウドソーシングに頼らない方が良いと思います。
 
あなたの言葉で、ブログ記事を書くことをお勧めしますよ。
 
結局そういう記事の方が、お客さんには響きますから。

問い合わせ