ホームページのSEO検索キーワードは、ロングテールで考える

どもども!石塚直紀@WAOです。
 
 
いわゆるビッグキーワードで、自分のお店のホームページが上位に来ているのに
アクセス数が思ったより伸びない、なんてことありませんか?
 
 
それは、検索するユーザーの検索が多様化しているのです。
 
 
例えば美容室をインターネットで検索することについて。
 
 

「地域名+美容室」のようなキーワードはビッグキーワードですが
これで1000や2000のアクセスが集まるわけではありません。
 
 
地域によっては、200~300ぐらいのアクセスでしょうね。
 
 

他にはどんな検索キーワードがあるかというと
 
 

「地域名+いたまない+パーマ」」
「地域名+ヘナ+カラー」
「地域名+安い+美容院」

 
 

とか、たくさんありますね。
 
 
まだまだあるでしょう。
 
 

エステとかマッサージのお店も
「地域名+業種」での検索結果は、それなりのアクセスを集めれますが
実際の来店率やより多くのアクセスを集めるには、より細かいキーワードでの上位表示を狙った方が良いです。
 
 

サービス名や、お客様の悩み、特徴
そんなものも交えたキーワード検索を考えた方が良いでしょう。
 
 
このキーワードを探る方法は2つあります。
 
 

①お客様に聞く
 
 どんなキーワードで検索してるの?とお客様に聞いてみましょう!
 思いのほか気軽に話してくれますよ!
 
 
②グーグルアドワーズを使う
 
 グーグルアドワーズというサービス内に
 ある「キーワード」での検索ボリュームを表示してくれます。
 
 ボリュームのある検索キーワードを調べることができます。
 
 

そしてそのキーワードで、どうやって上位に上げていくか?
費用をかけないのであれば、「ページ数を増やす」しかないでしょうね。
 
 
検索結果を上げたいキーワードのページを追加していく。
 
 
「いたまない+パーマ」であれば、その内容を2ページぐらい作る。
「地域名+エステ+口コミ」であれば、その内容に関するページを作る。
「地域名+腰痛」であれば、腰痛に関する役に立つ情報ページを作る。
 
 
そうしてページを追加していく。
 
 
3か月~6か月ぐらいすれば、ヒョイっと上位にあがってます。
 
 
以前も申し上げましたが、検索結果を上げるのは地道な作業が重要です。
 
 
1か月に6ページ追加していくぐらいの気概で
地道に内容を作成していきましょう!
 
 
あ、あと毎月の分析も忘れてはいけませんよ!

問い合わせ