SEOに関する私見 ~最後の詰めは更新頻度~

SEO対策でお悩みの方へ、一つ私見を発表します。
 
 
SEO対策に絶対はありません。みな試行錯誤、トライ&エラーをして
少しずつなんとかしています。
 
 
私ももちろんそうです。
去年の3月から1年間ちょっと対策をし続けた結果、最近の傾向がつかめてきました。
 
 
ここでSEOの最近の傾向をお教えしましょう。
(あくまで私の経験にもとづいた私見です)


 
①コンテンツを増やすのは効果大

コンテンツ、つまりページを増やすのはとても効果がありました。
役に立つページ追加することによって、検索順位がグングンあがりました。
  
1年未満の若いドメインでも、狙ったキーワードの1ページに持ってくることができました。
 
しかし、この方法だけでは、検索結果7位・8位ぐらいでウロウロ。それ以上、検索順位があがらず
四苦八苦しました

 
 

②内部リンクは効果あり

内部リンクはなくした方が良い、という話も出てきていますが
この1年の間は、内部リンクを増やすのは効果がありました。
 
ホームページのメニューバーは、トップの位置、サイドバーの位置、フッターの位置、パンくずは必ず設定。
全てのページにトップページから行けるようにする。などなど。
 
リンクは基本テキストリンク。狙ったキーワードにします。
 
内部リンクは、検索結果を安定させるような効果があった感じです。
 

ピョンピョンと検索順位が変わっていたのが、内部リンクを増やしたら
高順位で安定するようになりました

 
 

③最後の詰めは、更新頻度

ページを増やす・コンテンツを増やすことで、若いドメインでも
上位に表示されたと述べました。
 
しかし、最後の壁が越えられない。
 
そこで導入したのが、ブログ。
ホームページと同一ドメイン内にブログを設置し、それを更新してもらうようにしました。
 
そうすると、それまで7位・8位だったのが、5位にあがり、4位にあがり、とうとう3位まで上がってきました。
 
上位2つのうち1つは、ポータルサイト。もう一つはドメインがすごく古いホームページ。
 
ブログ導入をし、更新頻度を上げることにより、壁を越えたような気がします。
更新頻度の重要性を感じました。

 
 
今年も、まだまだこの3つは効果的だと思います。
この3つは基本的に「お客さまい良い情報を与える」という検索エンジンの基本理念に基づいていますから。
 
SEO対策でお困りの方、一度参考にしてみてください。
 
検索の壁を乗り越えて、上位表示されるかもしれませんよ。
 

問い合わせ