リピート率をアップさせるために店内をフル活用する

「来店しているお客様」に対しての情報提供というのが
商品・サービスの追加購入・クロスセルが一番行いやすい。
コスト面からも優れている。
 
でも。店内の「どこ」で情報提供を行うべきなのでしょうか?
 
これは明確です。
「お客様の目線」を追いかければよいのです。

 


 
①まずは入口
 
もしお店の入口を開けっ放しでなければ
必ず入口の前で立ち止まります。
 
なので入口ドア付近に、チラシ・ポップを掲載しておくと良いでしょう。
 
②入店直後
 
もし靴を脱ぐような形態のお店なら
その周りに情報を掲載しておくと良いです。
 
なぜなら、靴を脱ぐときに必ず立ち止まるからです。
立ち止まる瞬間というのは、情報が目に留まりやすいのです。
 
③商品置き場
 
物販のお店なら、商品を置いてある場所で情報提供するのが効果的です。
商品を選んでいる時に、周りの情報が目にはいるからです。
 
ポップなども、手の込んだものの方が目に留まりやすいですね。
 
④レジ周り
 
レジで料金を支払う時も必ず立ち止まります。
新商品を置いたり、新しいサービスを告知するチラシを貼っておきましょう。
 
⑤施術台周り
 
美容院とか理容室、整体院やエステサロンなら
施術台の周りに情報を掲載しておきましょう。
 
美容院・理容院なら、髪を切る椅子周りだけでなくシャンプー台周りも効果的。
 
整体院などは、お客様は施術台でうつぶせになります。
その時、顔は、施術台の穴にはまり、床を見ている状態です。
であれば床に情報を記載しておくのも良いですね。
 
⑥お見送り
 
お客様がわざわざ足を運んでくださっているので
外までお見送りしましょう。
 
その際、冊子やチラシなどを手渡ししましょう。
印象に残る言葉と一緒に渡すと、読んでもらいやすいですよ。
 


 
このように書き出すと、店内での情報提供の機会って
結構多いんですよね。
 
このような地道な努力が、リピーター獲得に効いてきます。
今日から始めることのできることばかり!
ぜひ試してみてください!

問い合わせ