顧客を囲い込みたいならネットショップを見習え!

最近インターネットショップで服を買いました。
七分袖のインナー。たくさん種類があったのですが4つ選んで購入。
 
 
安いですね、ネットショップは。びっくりしました。
 
 
そして実際に到着したモノは、質もしっかり。
着心地も良し。
 
 
満足の買い物でした。
 
 
さて、このショッピングであらためて
すごい仕組みだな感じたことがあります。
 
 
実際の店舗でも転用できることばかりです。
 
 
売れているネットショップというのは、新規客が多いというより
リピーターが安定している
と言われています。
 
 
リピーター獲得に、かなりの力を入れているのです。
 
 

①定期的にニュースレターメールを送る
 チェックした製品・新製品の情報を定期的に送る
 お得なキャンペーンも開催。お客様を飽きさせません。
 
 
②品物が到着したころに「無事到着しましたかメール」を送る
 ショップ利用のお礼、品物はどうだったか、、気になったところはなかったか
 そんなことを聞きつつアプローチします。
 
 
③1か月後最近いかがですかメール
 あんまり利用してない人には「最近いかがですかメール」
 結構利用している人には「いつもご利用ありがとうございますメール」
 
 お客様に飽きさせではいけません。
 
④誕生日のお祝いメール
 その人だけの誕生日キャンペーンを告知。
 お客様に特別感を出します。

 
 
などなど。
結構頻繁にアプローチしてますよね。
 
 
ネットショップは、顔を合わせることがないので
「お客様との接触回数」に、徹底して気を使ってます。
 
 
商品の質が良いというだけでは、お客様は再来店しない。
常に情報を送らねば来てくれないことを、知ってるんです。
 
 
意識が高いですね。
 
 
実際のお店に転用してみると
 
 

①定期的にニュースレターメールを送る
  →これは普通にニュースレター送ったり、メルマガ送れば良いですね
 
 

②品物が到着したころに「無事到着しましたかメール」を送る
  →お店に来店した日に、お礼のメール。もしくはお礼のハガキを送る。
 
  
③1か月後最近いかがですかメール
  →これも、メールやハガキで対応できますね
  ハガキの場合は手書きが望ましいです

 
 
④誕生日のお祝いメール
  →これも、メールやハガキでOK!

 
 

転用できること多いですね!
 
 
たぶん、やっていないお店って
 
 
「面倒くさい」とか「コストがかかる」という理由だと思います。
 
 
でもこれを怠ったら、お店に来てくれないです。
怠るのは経営努力をしていないことと同義です。
 
 
絶対に絶対に、お店の経営を甘く見てはいけません。
 
 
試す、試す、試す!
 
 
世の中には参考にできることばかり。
色々体験して、参考できるものは利用していきましょう!
 
 

問い合わせ