理容室・美容室・ヘアサロンのホームページの弱点

ヘアサロンのホームページの弱点
 
理容室・美容室など、ヘアサロンでもホームページを持っているお店は、それなりにあります。
 
しかし多くのお店である失敗をしており、これが原因でホームページ集客に失敗しているようなお店も見かけます。
 
ここでいう失敗とは
 

  • ホームページにほとんどアクセスがない
  • ホームページでまったく集客できない
  • お客様がホームページの存在にきづかない

 
などが挙げられます。
 
はたして、理容室・美容室のホームページの弱点は、どんなものだと思いますか?
 
 

テキストがない!

理容室・美容室のホームページの弱点は、「テキストが少ない」もしくは「テキストが無い」というものです。
 
画像ばかりをペタペタと貼っているようなホームページが多いです。
 
トップページに乗せている内容を1枚の画像で作って、ペタッと貼って、はい完成。こんなホームページです。
 
これは最悪なホームページです。
これでお金をもらっている業者がいるのであれば、正直私は詐欺だと思います。
その業者は、まったくホームページ作りを理解していません。
 
画像ペタペタ貼っていてテキストが無いホームページは、検索エンジンで上位表示されません。テキストがあることが、検索エンジンに評価してもらうのに重要なのです。
 
様々な説はありますが、1ページ内で1000文字は欲しい所です。
 
だから最近は、ある程度縦長のホームページが増えてきているのです。
 
 

ホームページ作りは、テキストを意識する

だからホームページを作成するときは、オシャレさを追求するとテキストが少なくなり、検索エンジンの評価されない役立たずのホームページになります。
 
またフラッシュとか使っているホームページだと、例えPPC広告などでアクセスを集めても、ユーザビリティ(使いやすさ・見やすさ)が悪いので、すぐに離脱してしまうでしょう。
 
理容室・美容室のホームページは、テキストが無い・フラッシュ使いまくっているなどのお客様が使いづらい・探しづらいホームページに仕上がっていることが多いです。
 
ここを解消できれば、検索エンジンの上位に表示されて、集客効果を実感できるようになってくると思います。
 
かなり多くのお店で、この失敗に陥りがちです。
 
修正できるのであれば、絶対に修正しましょう。

問い合わせ