あなたのお店は、全然広告が足りない

こんにちは、店舗集客集団WAOの石塚です。
 
みなさんは、こう思ったことはありませんか?
 
「自分が有名人だったら、お店がもっと繁盛するのに」と。
 

自分が有名である
→お店のことも自然と知ってもらえる
→繁盛だ!ウハウハ!

 
というロジックでの考えですね。
 
しかし、実はそうではありません。
有名人ほど、たくさん広告を出しているのです。
 
そして悲しい事実ですが、そんな有名人のブランド力もってしても、儲けることができないこともあるのです。
 
 

有名人の有料メルマガの多くは赤字

最近は「有料メルマガ」というのを始める有名人が増えてきています。
 
その有名人だからこそできる、面白い内容・役立つ情報をメールマガジンの形式で、配信するのです。
 
料金は様々ですが、
 
315円~630円/月
 
というのがだいたいの相場で、月に2回~4回配信されます。
 
その分量もかなりの量のものが多く、読み切らないほどの情報に魅力を感じて、購読する人がいるのです。
 
例えば、こんな有名人が有料メルマガを書いてます。
 

【芸能人】
ケンドーコバヤシ
サバンナ高橋
中田敦彦(オリエンタルラジオ)
藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
堤下敦(インパルス)
博多華丸
益若つばさ
篠崎愛(グラビアアイドル)
置鮎龍太郎(人気声優)
 
【文化人・著名人】
鈴木寛
常見陽平
中川淳一郎
津田大介

 
 
などなど。
 
かなり豪華ですね。これでも有料メルマガを行っている有名人の一部です。
 
しかし、衝撃の事実があります。
 
上で挙げた有名人のほとんどが有料メルマガをやめてしまったのです。
 
2013年12月で継続しているのは、津田大介ただひとり。
 
中には、「数十人しか集まらなかった」という赤裸々な告白をしている人もいるほどです。
 
有名人ですら、この人数なのです。
 
 

有名人の有料メルマガの購読者が増えなかった理由

この衝撃の事実について、ある記者はこう書いています。
 
 

http://ch.nicovideo.jp/blopro/blomaga/ar400955
 
有料ブロマガ・メルマガに「十分な宣伝」など無いとも言えます。ブロマガの宣伝というのは、記事が配信されようとされなかろうと、日々、粘り強く徹底的に続けなければならないものなのです。
 
<中略>
 
ブロマガ・メルマガの著者さんの様子を見ていると、告知が不十分になってしまう最大の理由は、どうやら「恥ずかしいから」ではないかと私は思っています。
 
<中略>
 
「恥ずかしい」と感じるのも、さまざまな理由があります。
 
有料ブロマガ・メルマガの宣伝は、どうしても「お金を払ってください」という要素が入り込むことになります。

 
 
そう、有名人ですら、宣伝が不十分であり、宣伝をすることを恥ずかしがっているというのです。
 
またこの記事では、面白い事実を紹介しています。
 

先日、とある若手IT企業の社長さんと会食をしたのですが、その方は津田大介さんがブロマガ・メルマガを配信していることを知りませんでした。
 
もちろん津田さんのことは知っていましたし、ご自身でツイッターもフェイスブックもブログも利用している方です。でも、津田さんのメルマガの存在は知らなかった。
 
お約束の「宣伝RTウザいですよねw」という話をする以前に、津田マガというコンテンツがこの世の中に存在していることを認識していなかったのです。その方は、津田マガの存在を知ると、「それは読まなきゃダメでしょう」とその場で申し込みを済ませました。

 
 
どんなに宣伝しても、したりないのです。
 
 

有名人ではないあなたの店は、もっと広告をするべきだ

ブランド力を持っている有名人ですらこの状況なのに、あなたのお店はどのように広告をしているでしょうか?
 
有名人ではないあなたは、もっと広告をするべきではないでしょうか?
 
今はドンドンと新しいお店が登場し、お金をかけた宣伝が必要になってきています。
そうしないとライバル店に、お客様をとられてしまうでしょう。
 
なのにあなたは、宣伝・広告をそれだけしか行わないのですか?
 
宣伝費を抑えてドヤ顔しているお店は、大きなリスクを背負っています。
いつか客足が途絶えるというリスクを。
 
有名人ですら告知が不十分です。だからあなたは、やりすぎぐらいに告知・宣伝・広告をするべきです。
 
幸いもうすぐ新年です。新年は広告が一番反応がある時期。
 
今から2015年に繁盛させるための仕掛けを、準備しておいてはいかがでしょうか?

問い合わせ