個人エステサロンを集客から考える

こんにちは、店舗集客集団WAO 代表の石塚です。
 
 
当社には、個人経営のエステサロンさんの無料コンサルティングが非常に多いです。
 
 
どのような問い合わせが多かというと、
 
・新規を集客できない
・宣伝の効果がない

 
ということです。つまり、なにかしらの宣伝・集客施策は打っているのに、効果が出ず、新規集客に結びついていない、ということなのです。
 
  
 
色々なお話を聞きます。「ホームページに大金払ったけど、効果がでない」「チラシをたくさんポスティングしたけど、ダメ」とか。なるほどー、ふむふむと思いながら聞きます。
 
 
そうして実際のホームページやチラシのデザインを見せていただくと、「あ、こりゃダメだ」ということがほぼ100%です。
 
 
何がダメかというと
 
①ホームページの内容が薄すぎる

ホームページの内容がスカスカ過ぎて、とても集客できるものになっていないです。
 
ただでさえエステサロンというのは警戒されやすいのに、その警戒を解いて安心してもらうたけの情報量がないんです。
 
お客様の声がない、実際の施術風景がない、他のお店との違いがわからない、施術スタッフの顔すらわからない。こういうことがザラにあります。
 
「興味を持ってもらって問い合わせにつなげるために、あえて情報を少なくしている」という人がいますが、それは完全に逆効果。情報が少ないということは、あなたのお店が「行ってみたい候補」から、まっ先にはずされてしまうことになるのです。

 
②そもそもホームページが見られていない

また、そのホームページがどうやって検索すればヤフーやグーグルの検索結果に出るか、様々なキーワードを試すのですが、まったく引っかかってこないのです。つまり、見込みのお客様に見られていないということです。
 
「○○のキーワードだと、出ます!」と言う人もいますが、そのキーワードがマイナーすぎて、とてもお客様が検索するようなキーワードではなかったりします。
 
なぜ検索結果に表示されないかというと、SEO対策という重要なことを行っていないからです。SEOの最低限必要なセッティングすらも行われていないのが、エステサロンのホームページの現実。
 
これは、ホームページ業者はデザインだけのホームページを作ってしまっていたり、作成を頼んだのが知人の素人さんだったりするので、「集客を意識した構造」にホームページが仕上がっていないのです。
 
 
これでは、「チラシを作ったけど、まったく配っていないので誰にも見られていない」ことと一緒ですね。

 
③チラシの内容ががNG

たくさんチラシをポスティングしても、チラシの内容がお粗末なら、効果がでるはずがありません。
 
エステサロンは、その悪い業界イメージにより、ちょっとやそっとのチラシでは集客できません。チラシ1枚で「ここに行かなければ!」と思える内容になるまで、磨き上げなければいけません。
 
そして重要なことが、チラシをポスティングするときにでも、「内容のしっかりしたホームページを持っておくべき」ということです。
 
 
チラシ → 来店
 
という流れよりも
 
チラシ → ホームページ → 来店
 
という流れで、来店する人が増えています。
 
 
チラシをまく場合には、チラシの内容も、ホームページの内容も、情報量をたくさん詰め込んでおくべきでしょう。

 
 
まとめると、個人系のエステサロンは、集客のための宣伝が不十分だということです。
 
だから物量のすさまざじい大手エステサロンに顧客をとられてしまうのです。
 
 
ただ大手サロンも、宣伝の内容自体がそれほど良いものではありません。あくまで広告の物量で補っているという現状です。
 
 
そこに個人サロンがどう挑むか?
 
 
基本に忠実な、情報量のある広告展開をしていくことです。これができれば、大手にも十分勝つことができます。
 
 
無駄な宣伝努力をし続け疲弊するか、効果的な集客宣伝をしてお客様に喜んでもらうか、個人エステサロンの進む道は、後者であるとWAOは思ってます。
 
 
「もうどうしたらいいかわからない!」というエステサロンさんは、一度WAOの無料コンサルティングで、問題の明確化・対策検討をしてみてはいかがでしょうか?
 

問い合わせ