チラシは効果がないと、なぜ思われているのか?

私は東京と栃木県を行き来して、仕事をしています。
東京にも栃木にもクライアントがいて、定期的な打ち合わせをしているんです。
 
 
頻繁に往復をしているので、都市部と地方のこんなギャップに気付きます。
 


 
■東京のクライアント
「チラシの反応がすごく悪いんだよ」
 
 
■一方で栃木の人はチラシを見て
「へー、ポイント20倍だって!あ、こんな店が新しくできてる!」
 
 

ちゃんとチラシ見てるんですよ。栃木の人は。
 
 
地方の親戚の家に先日行ってきたのですが
栃木の人と反応が同じでした。
 
 
この東京(都市部)と地方とのチラシに対する反応
どう違うんでしょうね?
 
 

チラシのクオリティは抜きにして考えてみましょう。
 
 
都市部と地方の違いは「世帯の違い」です。
 
 
都市部は、一人暮らしが非常に多いですよね。
しかも比較的若い層の一人ぐらいが。
 
 
18歳~30代前半ぐらいでしょう。
 
 
一方地方は、都市部と比べて一人暮らしは多くありません。
家族暮らしの方が多いんです。
 
 
こんな世帯の違いがあるということは、
1枚のチラシを見る人数も違うということです。
 
 
都市部は一人暮らしが多いので
1枚のチラシを1人の人間が見る、ということが起きえますし、
地方では、1枚のチラシを何人もの人が見ます。
 
 
1枚のあたりの閲覧数が違ってきているんですね。
 
 
そうなると、当然1枚あたりの反応数も変わってきますよね。
都市部は反応数が少ないんです。仕方がない。
 
 

だからチラシの効果が少ないという声が上がってくる。
だって、積極的に宣伝をしているのは都市部の店が多いですから。
弱肉強食の世界です。都市部は。
 
 

チラシが悪いわけではない。
都市部の世帯が変化しただけ
なんです。
 
 

と、いうことは都市部は一人暮らしの比較的若い層にも伝わるような
そんなチラシを作成すれば、ある程度の反応が取れるということです。
 
 

「チラシは反応がない。だから行わない」
これは思考停止です。
 
 
なぜ反応がないのかをきちんと分析し、対策する
それがあれば、既存の宣伝方法でもきちんと効果が出るのですね!

問い合わせ