とある資格の養成講座にて、これからサロンを開業しようと考えている人たち向けの集客・マーケティングコンサルティングを行っています。

開業予定者の方とお話をしていると、ほとんどの方が「ホームぺージを持つべきだと思うが、なるべく費用を抑えたい」という要望を持っています。

店舗集客の専門家としては、開業の時ほど宣伝費用をしっかり使って集客する方が成功率が高いことを知っているのですが、現実的に予算が不足しているためにホームぺージの制作費用を抑えたいという開業予定者の気持ちもよくわかります。

そこで今回は開業時の宣伝費を抑えたい方のために、店舗ホームぺージを無料で作成する5つの方法についてご紹介いたします。

各方法のメリット・デメリットなども詳しく紹介しますので、あなたの店舗の開業の参考にしていただければと思います。

ホームぺージを無料で作成する方法

ホームぺージを作成を専門業者に依頼する場合は作成費用がかかります。

業者やホームぺージのスペック次第で料金は変わってきますが、だいたい10万円~100万円まで幅広い料金体系があります。

ホームぺージを無料で作成するには、業者に依頼せず「自分で作成する」ことが重要です。

ホームぺージ制作にはHTML/CSSといった専門知識が本来必要ですが、そうした知識を必要とせずに自力で作成するには、無料のホームぺージ制作ツールを選べば良いでしょう

無料ホームぺージ制作ツール一覧

日本で利用できる無料ホームぺージ制作ツールは様々なものがあります。

・Wordpress
・Wix
・Jimdo
・ペライチ
・Google Sites
・AmebaOwned
・Goope
・Webnode
・CLOUD LINE
・STUDIO

インターネットで「ホームぺージ 無料制作」などと検索すると、これらのサービスが表示されるでしょう。

この中のどれを選べばよいかわからず悩まれるのではないでしょうか。

店舗集客集団WAOではこれらホームぺージ無料制作ツールの中で集客効果を出せるホームぺージを作れるものは次の5つだと考えます。

集客効果の出せるツール

・Wordpress
・Wix
・Jimdo
・ペライチ
・STUDIO

この5つの制作ツールのメリット・デメリットをこれから詳しく解説していきましょう。

①Wordpress(ワードプレス)

WordPress(ワードプレス)は世界で最も使われているホームぺージ制作ツールです。

WordPressの公式サイトによると、世界中のホームページの40%以上はWordPressを元に作られているそうです。

WordPressというのが無料のブログ制作ツールなのですが、それをホームぺージにも転用することが出来るため、広く使われるようになりました。

WordPressのメリット

Wordpresには様々なメリットがあります。

①デザインテンプレートが豊富

WordPressには「テーマ」と呼ばれるデザインのテンプレートが非常に多く存在します。

インターネットで「Wordpress 無料テーマ」と検索するだけで、様々な無料デザインが表示され、利用することが可能です。

デザイン性の高いものからシンプルで利便性の高いものまで、あなたの店舗の業種に合ったデザインテンプレートを見つけることが出来るでしょう。

②無料の機能拡張ソフト

またWordpressには「プラグイン」と呼ばれるソフトをインストールすることで、様々な機能をホームぺージに追加することが可能です。

SEO力を強化するとか、デザイン性を高めるとか、セキュリティ対策をするとか、様々な無料プラグインを導入してホームぺージを強化していくことが可能です。

③検索力(SEO対策)が強い

WordPressは今回紹介する5つのツールの中で、最も検索力の強いツールだと言えるでしょう。

構造自体がSEO対策されていますし、継続的な情報発信というSEO対策で最も重要な施策をしやすい機能もついています。

SEO対策を強化したいのであればWordpressを選ぶべきでしょう。

WordPressのデメリット

WordPressには様々なメリットがある一方で、デメリットもあります。

①操作が難しい

WordPressは他のツールと比べて、操作が難しいというデメリットがあります。

他ツールは直感的に操作が出来るものが多い一方で、Wordpressはそれなりに操作を勉強しながらでないとホームぺージ制作は難しいでしょう。

②サーバーを準備する必要がある

WordPress自体は無料なのですが、Wordpressはサーバーというものにインストールしなければ利用したり表示させたりすることが出来ません。

店舗やサロンの場合、レンタルサーバーというものに契約して初めてWordpressを利用することが出来ます。

当然レンタルサーバー契約には費用がかかります。そういう意味では完全無料ではなく、最低限レンタルサーバー代がかかることは知っておきましょう。

②Wix(ウィックス)

Wixはイスラエルの会社が提供しているホームぺージ制作サービスで、利用者は全世界で2億人を超えると言われています。

つかいやすくわかりやすい管理画面・豊富なデザインテンプレートが特徴なので、初心者でもある程度デザインを作りこんだホームぺージを作成できるでしょう。

Wixのメリット

①管理画面がわかりやすい

Wixの管理画面はかなりわかりやすく作られており、どのよう操作でどんなホームぺージが出来るか直感的に理解して使うことができるでしょう。

自力でホームぺージを作ろうとしても、管理画面の操作が難しいと断念してしまいます。しかしWixではそんなことにならないような作りになっています。

②デザインテンプレートが豊富

Wixのデザインテンプレートは非常に豊富で、好みのデザインは必ず見つかるでしょう。

好みのデザインテンプレートを元に、ドラッグ&ドロップだけで自分のお店用にカスタマイズしましょう。

③サポート体制が充実

Wixはサポート体制が充実しています。特に重要なのは日本国内のコールセンターで、必要であれば電話でWixの操作を教えてくれます。

Wixのデメリット

①検索力(SEO対策)が弱い

WixはWordpressのようにSEOに強い構造にはなっておりません。

ある程度のSEO対策を行うことは出来ますが、競合が多い業種の店舗・サロンの場合は検索上位を狙うことは難しいでしょう。

②無料プランには機能制限あり

Wixは無料プランがあり完全無料でホームぺージ制作が可能である一方、無料プランには機能制限があります。

また無料プランには広告が表示されてしまうので、店舗・サロンのホームぺージとしてはブランディングが出来ないのもデメリットの1つです。

③Jimdo(ジンドゥー)

Jimdoはドイツ・ハンブルクの会社Jimdo GmbH社が提供しているホームぺージ制作サービスで、日本ではDDIウェブコミュニケーションズが協業パートナーになっていて、日本語版を利用することが可能です。

Jimdoのメリット

AIで簡単にぺージを作れる

Jimdoの最も大きいメリットは「AIビルダーで簡単にホームぺージを作ることが出来る」部分にあります。

Jimdoに質問が表示されるので、それに答えていきます。それだけでホームぺージが出来上がるのです。

とにかく短時間で簡単にホームぺージを作りたいのであれば、Jimdoが最も適したサービスであると言えるでしょう。

もちろんそれ以外にも、Wixのように自分でドロップ&ドラッグでホームぺージを作る機能もあります。

Jimdoのデメリット

①検索力(SEO対策)が弱い

JimdoはWixと同じようにSEO対策には強くありません。

そのため競合の多い業種で検索力を強めたいのであれば、あまり適していないサービスと言えるでしょう。

②無料の機能が貧弱

Jimdoの無料プランはかなり機能が貧弱です。

・無料で作成できるのは5ページまで
・広告も表示される
・180日以上ログインしないとページが自動的に削除される
・多くのアクセスに耐えられない

などなど様々なデメリットがあります。

④ペライチ

ペライチは日本の株式会社ペライチが提供しているホームぺージ制作サービスで、「長くて1ぺージで完結するホームぺージ(ランディングページ/LP)」を作ることに向いています。

ペライチのメリット

機能・サポートの安定感

ペライチのメリットは、機能やサポートに安定感があることでしょう。

デザインのテンプレートは390種以上で、Wixほど多くはないですがそれなりの数が用意されています。

またサポートも日本語で提供しているので、使い方に困った時は相談しやすい環境にあると言えます。

ペライチのデメリット

ページ数を増やすことには向いていない

ペライチは無料で作成することが出来るのは1ぺージ分だけです。最大の有料プラン「ビジネスプラン」であっても20ぺージまでしか作成することは出来ません。

そのため普通のホームぺージを作ることには向いていません。

しかしランディングページとしてなら十分な機能を持っているので、ランディングページが欲しい場合は利用する価値があります。

⑤STUDIO

STUDIOは日本のSTUDIO株式会社の運営するホームぺージ制作ツールで、専門的には「ノーコードツール」と呼ばれるものです。

STUDIOのメリット

完全にオリジナルのデザインのホームぺージが作れる

これまで紹介してきた制作サービスは、限られたテンプレートからデザインを選ぶものでした。

しかしSTUDIOでは完全にオリジナルデザインのホームぺージが自力で作成可能です。

Webデザイナーが使用するようなツールが用意されており、ブラウザ上でデザインが可能ですし、細かい部分まで調整することが出来るデザイン性を高めることが出来ます。

オリジナルデザインのホームぺージを作成する場合は、通常HTMLやCSSといったWEBの専門的な知識が必要になりますが、STUDIOではそういった知識を必要とせずに作成を進めることが出来ます。

STUDIOのデメリット

①操作が結構難しい

STUDIOはオリジナルデザインが作れますが、その一方で操作が結構難しくなっています。

なのでWEB操作に慣れていたり、根気よく学べる人でないと活用する・ホームぺージを仕上げることは難しいかもしれません。

②無料プランでは機能が制限

また他サービスと同じように、無料プランだと機能が制限されています。

作成可能ぺージが5ページであったり、宣伝バナーが表示されてしまったり、出来る事が限られています。

サービスを選ぶ時の基準

5つの無料ホームぺージ制作サービスをご紹介してきましたが、どれを選べば良いのか悩んでしまうと思います。

そのために当社が考える「選択基準」についてお話します。

まず各サービスの無料プランでは機能制限があるので、競合の多い業種は無料プランではなく、有料のプランにすることをお勧めします。

有料プランにすることを決めた場合でも、WixにするかjimdoにするかStudioにするか悩むことでしょう。

簡単さならjimdo、デザイン性ならStudio、その中間はWixがお勧めです。

WordPressを選ぶ場合は、競合が多いためSEO対策を徹底したい&ホームぺージ作成に時間と努力を費やせるのであればお勧めです。

ペライチの場合は、メルマガ読者を集めたり、ある特定の狭いサービスに特化した集客をしたり、PPC広告を利用したい場合にはお勧めです。

選択の一例

治療院(整骨院・整体院・鍼灸院など)

WordPress一択でしょう。治療院業界は非常に競合が多く、検索力を強くしたりコンテンツ力をとにかく高めないと集客には向きません。

そのためWordpressを使って「ホームぺージを作りこむ」という作業が必須と言えます。

サロン業界

選択肢は「Wordpress」「Wix」「Jmido」「STUDIO」の4つがありえます。

エステサロンなどは競合が多いので出来ればWordpressを選ぶのが良いでしょう。

ヨガやピラティスなどは、自分で作るなら「Wix」「Jmido」でもそれなりに集客することが出来ます。

流行りのパーソナルカラー診断や骨格診断も「Wix」「Jmido」で集客効果を期待できるでしょうし、デザイン性にこだわりがあるならStudioを選ぶと良いでしょう。

美容院

美容院の場合デザイン性にこだわる方が多いです。なので利用するならStudioが良いでしょう。作成自体が大変だと思いますが、納得のいくデザインのホームぺージに仕上がるでしょう。

まとめ

店舗ホームぺージを無料で作成する5つの方法と、それぞれの選択基準・選択事例などご詳しく解説してきました。

この記事を元にして、自分でホームぺージを作成したい店舗・サロンは、どのサービスを選ぶかを決めてみるのが良いでしょう。

また面倒であはありますが、各サービスの無料プランを一度利用してみることをお勧めします。各サービスの管理画面・操作画面の違いがわかるので、自分にどれが合うか直感的に判断できるようになるでしょう。

ただホームぺージを自分で作成するのは、時間も努力も研究も必要です。そのコストが大きいため、業者にホームぺージ制作を依頼して日々の顧客対応に専念することも経営判断の1つでしょう。

店舗集客集団WAOでも店舗・サロン向けにホームぺージ制作を承っております。

集客できるホームぺージを目指すのであれば、お気軽にご相談ください。必ずあなたの店舗・サロンを集客に導きましょう。

ホームページ制作

  ホームページ制作業者は数多くあります。ここをご覧の方も、何社も見比べていることでしょう。 それでは店舗集客集団WAOのホームページ制作は、他社と何が違う…