理容室・バーバーの集客方法

男性が髪を切る場所の多様化が進んでいるため、集客も複雑になりつつあります。
 
また同時にお客さんの取り合いにもなってしまっています。
 
男性は一度気に入った場所が出来ると、その場所を変えようとはしません。
 
特に髪を切る場所はその傾向が強く、理容室やバーバーにとって、いかに新規集客をするかが成功の鍵となります。
 
理容室やバーバー(もしくはメンズ美容室)にとってどのような新規集客法が効果的なのかを知ることで、経営を安定させることが出来るでしょう。
 

理容室・バーバーに効果的な3つの新規集客法


理容室・バーバーの新規集客法は多数ありますが、集客に直結する効果的な方法は次の3つです。
 

・ホームページ集客
・ポータルサイト、クチコミサイト集客
・チラシ集客

 
それぞれについて詳しく掘り下げていきます。
 

ホームページ集客

理容室・バーバーを経営している方からのご相談として「ホームぺージを作るべきですか?」というものがあるのですが、これは100%「作ることをおススメします」とお答えしています。
 
ホームページは集客の土台・要だからです。
 
とはいえ、ただホームページを作れば良いのではありません。集客できるホームページには理由があります。
 
具体的には次の3つを考慮して作成することが重要です。
 

・ターゲットの明確化
・訴求力のあるコンテンツ
・アクセス数集め

 
それぞれを見ていきましょう。
 

ターゲットを明確にする

設定するターゲットごとに、ホームページの内容は大きく異なってきます。
 
バーバーの場合はターゲットの明確化は比較的シンプルで「比較的高収入で、オシャレに興味のあるビジネスマン」ということになります。
 
当然ホームぺージの内容は、そのような人に訴求する内容にするべきでしょう。
 
難しいのが「理容室」の場合です。理容室という言葉だけだと「男性である」ということしかターゲットが絞れません。
 
子供からおじいちゃんまでくるファミリーサロン的なターゲットなのか、それとも働き盛りの壮年層がターゲットなのかを決めておくことが必要です。
 
例えば後者の場合、カットやカラーだけでなく「育毛」「匂いケア」などのサービスにも需要があるので、それらを詳しく説明していくべきでしょう。
 

訴求力のあるコンテンツ

集客できない理容室・バーバーのホームページの特徴として、掲載する情報が少なすぎるケースがほとんどです。
 
施術メニューと料金・スタッフの顔写真・アクセス情報などしかなく、他のお店と何が違うのか、どんなところに強みがあるのかが全くわからないのです。
 
なので、次のようなコンテンツを追加することが新規集客力をアップすることにつながります。
 

・お店の特徴や強み
・スタッフの詳しい紹介
・お客様の感想
・具体的にどのような悩みを解消できるのか
・よくあるご質問

 
あなたがお客として理容室を探している時に、どんなページがあれば他店と比較することが出来るでしょうか?
 
その「顧客目線」でどんなページが必要かを考えて、ページを作成していくことを意識してみましょう。
 

アクセス数集め


ホームページはただ作成しただけでは集客につながりません。髪を切りたい人に見てもらって初めてホームページによる新規集客が実現します。

 
理容室やバーバーの場合、有効なホームページへのアクセス数集め法は3つあります。
 

・SEO対策
・MEO対策
・クチコミサイトの利用

 

SEO対策は、狙ったキーワードでグーグルなどの検索エンジンで上位表示させる対策のこと。「地域名+理容室」「地域名+バーバー」などのキーワードで1ページ目に表示されれば、ホームぺージに新規集客につながるアクセス数が期待できます。
 
MEO対策はグーグルマイビジネスで上位表示させる対策のこと。スマホでグーグル検索をすると、上位3つのサロンが表示されるので、ここを目指します。
 
そしてクチコミサイト。理容室の場合は「エキテン」というサイトを上手く利用すると、ホームページへのアクセスを集めることが出来ます。
 

ポータルサイト、クチコミサイト集客

理容室・バーバーの集客が期待できるポータルサイト・クチコミサイトは次の2つです。
 

クチコミサイト エキテン
クーポンサイト ホットペッパービューティー

 
詳しく見ていきます。
 

エキテン

エキテンは全国の様々な業種のお店が掲載されているクチコミサイト。無料のプランと有料のプランがあります。
 
このサイトはクチコミサイトなので、あなたのお店のページにクチコミが増えれば増えるほどに、多くの人に見られる仕組みになっています。
 
エキテンの店舗ページにはホームページのURLを登録できるので、クチコミ数が増えていくごとにエキテンからホームページへのアクセス流入も期待できます。
 
またエキテンを見て新規に来店する人も増えていくでしょう。
 
無料のプランでクチコミを集めていき集客効果につながっていることが感じられれば、有料プランに移行することも1つの選択肢です。
 

ホットペッパービューティー

ホットペッパービューティーはTVCMも数多く放送されていたので、理容室・バーバー経営者なら知っていると思います。
 
有料で掲載できる日本最大級のクーポンサイトで、美容系のお店が主ではありますが、理容室やバーバーも利用しています。
 
ホットペッパーの掲載費用は地域によって異なりますが、なかなかの掲載費です。
 
しかし費用は高いですが集客自体はかなり期待できます。
 
ホットペッパーにもクチコミ機能がついています。クチコミを集めれば集めるほど集客につながりやすくなっていきます。
 
お店のオープン時の集客などで有効活用することをお勧めします。
 

チラシ集客


インターネットでの集客が主になっている現在、チラシはアナログで古いと思われているかもしれませんが、実は今なおチラシは新規集客に有効です。
 
インターネットでの集客はインターネットで「理容室」とか「バーバー」とかで検索をする人には有効ですが、そもそも理容室やバーバーを探していない人には届きません。
 
美容室派の男性もいます。その人にはホームページなどが見てもらえません。
 
しかし美容室派の男性にも理容室やバーバーの特徴や強みを知ってもられば、髪を切る場所の選択肢の中に入れてくれる可能性があります。
 
チラシはそのような人たちにも情報を届ける有力な情報提供ツールなのです。
 
実際にこまめにチラシを撒いたりポスティングしているお店の集客は、高レベルで安定しています。
 
またお店の開業時などはホームページなどのネット広告が間に合わないこともあるので、チラシでアピールすることで開業時の集客を成功に導くことが出来るでしょう。
 

SNSは理容室・バーバーの集客に使えるか?

ツイッターやインスタグラム、tiltokなどのSNSは、理容室・バーバーの集客につながることもありますし、つながらないこともあります。
 
SNSは利用する側のセンスが求められます。センスのある使い方が出来るのであれば、SNSでも集客できる可能性はあります。
 
ビフォーアフター動画を投稿したり、スタイルを画像で紹介したりする。ハッシュタグを使いつつフォロワーを増やしていく。
 
フォロワーが増えていけば、「SNSを見たんですが」という新規顧客も出てくると思います。
 
しかしこれは簡単なことではありません。
 
センスのある人の場合は苦にはならないのですが、そうでない人の場合日々の努力と反省を繰り返すことになるでしょう。
 
SNSが自分に合っていると思える人は、ぜひ使ってみてください。
 

理容室・バーバーの集客 まとめ


理容室やバーバーの新規集客法には有効なものが多数あります。
 
それらのどれに力をいれるのか、どれとどれを組みあわせるのかが、集客に成功するためのポイントです。
 
ただホームページは持っておくことをお勧めします。
 
ホームページがあるとチラシの反応率が上がりますし、SNSを利用する場合でもホームページがあることで成約率が高まります。
 
今回紹介した集客法の特徴を理解していただければ、あなたの頭の中で新規集客に関するロードマップが作られます。
 
そのロードマップを元にすれば、理容室・バーバーの集客は必ず成功します。ぜひ頑張ってください。
 
またホームページ作成を検討されているなら、店舗集客集団WAOでは「理容室・メンズサロン専用ブログ型ホームページ制作」を行っていますので、ぜひ一度お問い合わせください。
 

理容室・メンズサロン専用ブログ型ホームページ

料金 110,000円(税込) 10ページ+ブログ機能
内部SEO対策・スマホ対策済
グーグルアナリティクス設置
月額サポート費 5,500円(税込) ページ追加、修正、ポータルサイト運用などのサポート
その他 ※ホームページ作成では、ご自身で「レンタルサーバー」と「ドメイン」を取得していただきます。年間6000円程度の費用となります。
  
※レンタルサーバー・ドメイン取得のサポートは無料で行っています。お気軽にお問い合わせください。

※サポートは、必要のお店の方のみご利用ください
&nbsp


問い合わせ